天宫黛

子博→鱼花花花
So看到我忽然回了你的评论不要觉得是个奇怪的人……

メモ 20180212

キルケゴール
ギデンズ
チャールズ・テイラー

祝我生日快乐

姜姜:

1.




柳非一大早起来,就在宿舍的阳台上和家里人吵了一架。




说是吵,更多的是她妈妈在电话那头喋喋不休,反复说着“你年纪这么大了怎么还不收心”“你以为你还十七八岁吗?”“不是都考完了吗赶紧回来,你阿姨给你介绍了一个男孩子妈妈看着不错的”“毕业了赶紧找工作安定下来。”




柳非坐在阳台的小凳子上一边听一边想,她确实年纪大了,不是16岁,而是26岁,即使内心抵触,也不会宣于口中,而是选择了更体面的方式,日复一日地沉默,消极地于生活对抗。




电话那头的抱怨迟迟得不到回应,语气也变得激烈起来,柳非妈妈似是很后悔:“当初就不应该答应送你去打游戏,打几年游戏,挣了钱又怎样?出成绩了吗?耽误你这么多年,你看看你身边同学人家几岁,你好不好意思?”




柳非淡淡地回她:“我没觉得不好意思。”




“你不觉得我觉得!人家像你这么大的,早大学毕业,该工作工作该结婚结婚了,你看看你,混了几年混成什么样了?啊?”


“说去打游戏,打出名了吗?打到前程了吗?”


“我有没有前程不用你管。”柳非不想再听下去,啪一声挂掉了电话。


等她拉开阳台的滑门进屋时,室友也起床了。


她们才考完期末考,今天外地的室友要回家,正把行李箱拖出来收拾东西。


室友见柳非眼睛还是红的,也没说什么,默默地递了纸过去。


柳非小声地道了谢,又听她们问:“非非你今天回家吗?”


柳非摇摇头。


室友啊了一声:“你今天生日不回家啊?我们下午都走了。”


“没事。”柳非笑了笑:“中午我请你们吃饭吧。”


2.


柳非妈妈日日为柳非的年纪揪心,却从来不是柳非避讳的事情。


她进校时就是大学生毕业时的年龄,又是一个不大不小的名人,背后议论不少,但柳非一直不怎么在意。


时间能冲刷一切,再久一点,便把她身上过去的印记冲刷干净,她曾经是职业选手,在荣耀里也会被人喊大神,穿冠军队的绿色队服,队长是声名赫赫的“魔术师”,而她现在只是一个普通的大学生,按步就班地上课、吃饭、参加考试,大家都一样。


室友和她开玩笑:“其实完全看不出来你大我们五岁哎。”


“对对!感觉非非还没长大,还很少女。”


柳非不好意思地捂脸:“是我打扮太装嫩了吗?”


“是这个捂脸的动作很少女啊!”


柳非又连忙放下手:“我都26岁啦!”


“26岁又怎样?不还是很年轻吗?我师姐说女人最好的年纪是30岁,你还早得很呢!”刚满20岁的室友振振有词。


柳非笑着推了她一把:“好好好,我还小,什么都还早。”




送室友走后,柳非一个人坐在宿舍发呆。




期间断断续续收到几条祝她生日快乐的消息,她一一回了,又开始刷微博。




她用的是自己上大学后新开的小号,跟着同学关注一堆学校的官微、社团的微博、和同学们互相关注等等。




刷了一会儿只觉得索然无味,柳非想了想,终于还是切换了账号,重新输入密码,登上了微草柳非的号。




点开不出意外地收到一堆消息,草草翻了一遍有不少对以前微博的评论,最新收到的几条让柳非有些意外,是几个微草粉祝她生日快乐。




荣耀巅峰时期已过,发展已有式微之势,虽然新赛季还在如火如荼地进行,关注度却大不如前,但仍有一批执着的粉丝,坚持关注着每一场比赛,在赛季开始后自发换上支持战队的应援头像,为其呐喊助威。




柳非看着他们头像上的照片微草队徽,手突然有些抖。




已经三年了。




3.




柳非最终还是决定出门。




她如今怕冷,到冬天已懒得再买颜色鲜艳的大衣羽绒服,把自己打扮成一颗饱满欲滴的果实,混迹在微草绿油油的队伍里,十分惹眼。




柳非穿上黑色长至脚踝的羽绒服,戴好羊毛的格子围巾,把头发扎成丸子头,想了想还是没有化妆,只抹了一点唇膏,免得人看着太过苍白。




这倒是她在微草俱乐部外面看到刘小别和袁柏清时,第一反应是低下了头。




柳非原想,她就来看一眼。




结果就站在俱乐部门外几分钟的时间,街对面就迎来两个熟悉的身影。




她有些惊慌,下意识地想装作没看见他们两个,把自己伪装成一个行色匆匆的路人走过去,却还是因为刘小别一声惊诧的“我靠!柳非吗?”而顿足。




柳非掩下眼底的酸楚,仰头做作地冲他们挥手:“哎呀!是你们!好巧!”




刘小别拽着袁柏清跑过去,一脸稀奇地盯着她看:“非非?真是你!你怎么现在才来?”




柳非茫然:“我错过什么了吗?”




袁柏清摆手:“没有没有!就是真的好久没有见你了,你不是就在北京上学吗,怎么不来找我们玩?”




刘小别接话:“就是就是,还有你qq也不回,你电话也换啦?你搞什么,躲我们啊?”




柳非讪笑:“没有……就是忙……”




刘小别狐疑地看她一眼,嘁了一声:“你上学还这么忙?”




“我……”




袁柏清见柳非尴尬,连忙出来打岔:“没联系上现在不就联系上吗?难得回来,走走,跟我们回俱乐部去!今天休息,他们都出去玩去了,不过英杰还在。”




柳非点点头,跟着他们往俱乐部走:“英杰还好吗?”




“很好啊!你没看比赛?”




“看了,他现在更厉害了。”




“那是!也不看看他的队友是谁。”刘小别得意。




他们刚走到微草的宿舍楼下,袁柏清突然一拍脑门:“坏了,我把手机落超市了。”




刘小别踹了他一脚:“那你还不赶紧回去拿?”




“嗯嗯嗯!我现在去,非非,你跟小别先去找英杰玩儿啊!”




柳非笑着点点头。




刘小别望了一眼袁柏清飞快往外跑的身影,笑骂:“你说他是不是傻逼?”




柳非笑。




刘小别又回过头看她,表情有些严肃:“你说你是不是傻逼?”




柳非还是笑。




她笑嘻嘻地看着拧着眉的刘小别,半晌,讪讪地垂下头:“是啊。”




刘小别不解:“你躲什么呢?躲我们这么久?”




“没躲什么……”




“那你干嘛不跟我们联系了?”




柳非抿嘴不语,好半天才说:“别问了成吗?”




刘小别烦躁地挠了挠头:“行行行不问了。那你得跟队长联系啊,他问过你好几次呢!”




柳非点头:“知道了。”




刘小别受不了气氛这么尴尬,见柳非情绪低落,又去逗她:“等我们退役你就大学毕业了,说好的一起当文盲呢?”




柳非想起他们三个刚出道时立下雄心壮志,此生都要奉献给荣耀,读什么书,上什么大学,誓将高中学历进行到底的事,扑哧一声笑出来。




笑过之后,又有些惆怅:“抱歉,我失约啦。”




刘小别摆手:“也不是这么说,你一个女孩子,学历高些好,我们退役了还能开网吧什么的。”




“我也可以开网吧啊!”柳非说。




“行,到时候算你当股东!”




正笑着,袁柏清拿了手机也回来了:“你俩乐什么呢?”




“你手机拿到了吗?”




“在那儿,还好没丢。”




柳非说:“小别说他退役要开网吧,我给他当股东。”




“嘿,你还想当刘老板啊?”袁柏清揶揄。




“你要是没饭吃,就随随便便来当个网管吧!”刘小别豪气十足。




“我去你的,你要是吃不起饭,也可以给哥当小弟!”




柳非觉得她很久没这么笑了。




她总归不再是小姑娘,比以前娴静了许多,也自认为是个成熟的大人,哪有这么多可乐的事情。




可她此刻站在微草的宿舍楼下,听刘小别和袁柏清斗嘴都能咯咯咯笑个不停,她还是没忍住想,她那个时候,怎么就放弃了呢。



4.




柳非是第十三赛季退的役。




她17岁进训练营,第七赛季出道,满打满算6年时间,不算长,甚至是同期最早退役的选手。




但在她人生的维度里,却横跨了她的整个青春岁月,让她从少女变成女孩,再变成能独立承担责任的大人。




做出这个决定不算难。




有外力的推动,柳非的家人一直在催促她早点退役去读大学,不然年纪越拖越大,也有内心的驱使——




她在联盟里,见过神,那位即使潇洒退役了也将是荣耀最大的传奇,也见过真正的天才,譬如她的队长王杰希,魔术师打法在世决赛重现,令人拍案。职业选手都是万里挑一,人才济济,譬如刘小别有逆天的手速,袁柏清最终将双治疗打法融会贯通,而女选手更是凤毛麟角,苏沐橙楚云秀都是大神选手,心性坚韧,能肩扛战队逆风前行,戴妍琦是肖时钦亲手培养的雷霆未来的核心,如今也日渐独立,而她花了六个赛季时间,只把自己从一个普通人变成了一个刻苦的普通人。




或许她相对于玩家而言,是佼佼者,是大神,但在联盟里,她的天赋有限,甚至连心性都不如其他女选手坚定,大概是不够出众,便瞻前顾后,心思繁重,不似戴妍琦提起退役一派轻松:“以后就在我家门口开个超市好啦!”




也因此,止步于此。




她把这个决定告诉了王杰希。




彼时王杰希已经退役,正在国外休假,半夜接到柳非哭哭啼啼的电话,吓得不行,连声问她出什么事了。




柳非抹了把眼泪,结结巴巴地说她想退役了。




还说了很多,说她觉得自己天赋有限,不能为微草做更多贡献,说她家里人一直在催促她退役,说她想为以后早做打算,规避风险。




王杰希安静地听她说完,哄她:“别哭了。”




“想退就退,这没什么。”




“没有人怪你,不是想去上大学吗,退役后就安心准备考试。




“谁跟你说你在微草没有贡献的?”




柳非哭得更厉害了。




她想,她连戴妍琦都比不得的,肖时钦去嘉世,戴妍琦也能咬着牙在雷霆坚持,她不行,她一向受王杰希庇护,在他的茂盛树荫下成长,性子都被养得有些娇气,连退役,都得王杰希推她一把。




5.




他们三个去敲高英杰的门时,高英杰正在复盘。




见了柳非又是惊讶又是高兴,一叠声请她进屋坐。




“非姐,真的好久没见你了。”




“嗯,是呀。”




“是去上学了吗?还在北京吗?”高英杰问。




“在的。”




高英杰困惑:“那你怎么不来找我们?”




刘小别插嘴:“你非姐作业太多,才做完。”




“哈哈。”柳非干笑。




高英杰比以前大方健谈了不少,年纪长了,弦外之音自然也听得懂,也就没有追问,四个人坐在一块说了会儿话,高英杰像是想到什么,拿手机出来翻备忘录。




然后猛一抬头:“非姐你今天生日啊?”




“啊?”刘小别茫然。




“嗯?”袁柏清也掏出手机开始翻,“卧槽!真是,去年这时候我还给她发了红包,收都没收!”




柳非挠挠头:“那我请你们吃饭呗?”




他们四个头靠着头对着手机研究半天,最后决定去吃火锅。




刘小别以方便叙旧为由要了一个大包厢,包厢是是张大圆桌,他们坐得松散,高英杰给柳非拆碗筷的包装,刘小别刷刷刷地勾菜单,袁柏清去拿饮料,柳非看着锅里咕噜噜升起来的泡泡,和他们身上的微草队服,轻轻地叹了口气。




席间气氛热闹,柳非情绪也被带动起来,主动和他们说了些上学时的趣事,袁柏清问她,有没有同学找你要签名啊?




柳非想了想:“他们来找我,其实是想要队长的签名。”




高英杰说:“非姐你给队长打电话呗,队长之前问过我们你好几次呢。”




柳非点头:“我回去就打。”




刘小别低着头看手机,嘴角微翘:“干嘛回去打?你想说什么,现在就给队长说。”




柳非有些手足无措:“现在?给队长打电话吗……我,我怕我不知道说什么。”




“先负荆请罪,向队长认错,放心,队长对你好得很,你抱他大腿哭一通,保证什么事都没有了。”刘小别哼笑。




柳非嗔怒地看了他一眼:“认什么错呀!”




她话音刚落,有人来敲包厢的门。




四个人齐刷刷地回头去看,是服务员在推门:“你们的客人到了。”




柳非愣了一下,然后心一下子提到了嗓子眼。




北京已连下了几天的雨,空气都有些湿冷,门打开时携裹着冷空气灌了进来,柳非脱了羽绒服,没忍住抖了一下。




高挑挺拔的身影跟在服务员身后不疾不徐地走进来,他穿着剪裁得体的黑色大衣,戴灰色围巾,手里拿着一把黑伞,面目清隽,脸上依旧没什么表情,额发上沾了水滴,被包厢的吊灯一照,光折射到他那双沉静的大小眼里,流光溢彩。




他把伞交给服务员放好,冲众人颔首:“抱歉,来晚了。”




柳非慌慌张张地站起身,打翻了手边的茶。




“队长?!”




热茶顺着桌面,不停地往柳非身上滴,柳非浑然不觉,站在原处呆呆地看着王杰希。




王杰希嗯了一声,上前把她往旁边位子拉了一把。




柳非任由他拉过去,袁柏清连忙拿纸去擦桌面。




“傻了?”王杰希问。




柳非啊了一声,回过神:“没有,就是太意外了。队长你怎么来了?”




王杰希悠闲地在她旁边坐下——柳非后知后觉地意识到,但凡是微草内部聚餐,王杰希旁边一定有个位子是她的。




“你生日,我不能来?”王杰希反问。




柳非摇头摇得像拨浪鼓:“不是不是!是我太开心了!”




王杰希笑了笑,接过高英杰递过来的碗筷:“上场比赛我看了,新队员磨合得不错。”




高英杰嗯了一声:“就是节奏还跟不太上。”




“你是队长,要带动队伍,练习时也注意让他们理解指令。”




王杰希点拨了几句,听得高英杰连连点头。




刘小别戳了戳柳非的手臂:“怎么样,看着大家都还挺好吧。”




柳非想,是啊,都挺好的,和他们在一块,总觉得跟过去没有什么区别。




王杰希问完高英杰,又按例询问他们三个。




小别现在要注意保持状态,不能一昧消耗,柏清现在治疗压力大不大,训练营带的徒弟怎么样。还有柳非,大三了?和同学关系好吗,毕业了准备做什么。




柳非跟他撒娇:“我还没想好呢。”




“那就慢慢想。”




“可我都26岁了……”




王杰希皱眉:“26很大?”




袁柏清接话:“就是就是!非非你这话说的,在座的哪个不比你大啊?”




高英杰默默举手:“我……”




酒足饭饱后,王杰希拿手机发了一个订单截图给刘小别:“给柳非订了个蛋糕,去取一下。”




刘小别一拍大腿:“艾玛!我都忘了这茬了!还是队长英明,我这就去!”




柳非连忙道谢:“谢谢队长。”




“没事。”




“哎,那要不我们等会儿一起去唱歌呗,顺便把蛋糕吃了。”




王杰希看向柳非:“没事就去,晚了我送你回去。”




“没事没事。”柳非摆手:“我来订吧?”




“你一学生!订什么订!”袁柏清站起来:“英杰,我俩先去,就我们经常去那家。”




“哦哦好。”




“那队长跟非非跟着过来啊!”刘小别说。




6.




包厢里只剩了王杰希和柳非两个人,柳非有些坐立不安。




她还是心虚,不声不响消失了整整两年,以为能把过去抛下,却还是忍不住背上这个背包。




王杰希慢悠悠地喝了杯茶,柳非又给他满上。




“换号码了?”王杰希问。




柳非愣了愣,点头。




“Qq和微博也没用?”




柳非沉默。




王杰希叹了口气:“手机拿来。”




柳非讪讪地把手机递过去。




“输号码。”




柳非嗯了一声,解开锁屏,王杰希的电话她能倒背如流,她把号码输上,又听王杰希指示:“打过来。”




“好。”




系统自带的手机铃声响起,王杰希拿出手机,也拦住了柳非想挂掉的动作。




他看了一眼柳非的新号码,在柳非的不明所以中接通了电话。




王杰希靠在椅背上,垂下他的大小眼,声音冷淡平稳:“喂?”




柳非手抖了一下,然后小心翼翼地把手机放在了自己耳边。




她呆呆地看着面前的王杰希嘴巴一张一合,耳边的声波震得她鼻子一酸,她的队长表情有些严肃,和她训练出错时的表情有些像,想板着脸,又怕真的吓到她。




电话那头的人问她:“柳非?你跑哪儿去了?”




柳非没忍住,眼泪唰一下流了下来。




王杰希还是保持着打电话的姿势没动,他静静地看着柳非,等她把话说出来。




柳非紧紧地攥着手机:“对不起。”




“队长对不起。”




“我后悔了。”




“我怕看到你们,因为我后悔了。”




柳非以为,她是个大人了,即使做出了有些勉强的决定,她也能坦然接受,不会后悔的。




可等她真的成为了一个局外人,才知道自己无法忍受在一边旁观却无法参与的无力感。




她看着自己的队友们还穿着微草的队服全国各地地跑,还在赛场上拼杀,有胜利有失败,同甘共苦,分享喜悦与眼泪,他们这样耀眼、独特、受人瞩目。




而自己只是一个年纪有些大的学生,一个普通人。




她后悔了。




她人生最美好的几年都给了荣耀,她爱这个游戏,却没办法为它付出更多。




她瞻前顾后、畏畏缩缩。




她该后悔的。




所以狠下心断掉与荣耀的一切联系,捂住眼睛耳朵,不听不看,学鼹鼠躲在小小的宿舍里冬眠。




她没脸见他们。




柳非哭得上气不接下气,王杰希叹了口气,挂掉了电话,给她递纸。




“谢、谢谢队长。”柳非边哭边打了个嗝。




王杰希被她气笑了。




“你啊。”




7.




“刚退役的时候,我也有些不习惯。”




“有时候也一整天泡在网游里,也想过是不是还能再打几年。”




“但确实打不动了。”




柳非忍不住反驳:“队长还能打。”




王杰希摇头:“打这么多年,也该休息了。”




“其实大家都一样,职业生涯就这么多年,早退晚退,最终都是要离开的。”




“我只是……”




“只是看大家都在坚持,自己却先退了,不好意思是么?但真的没有人笑话你。”王杰希抬手把柳非腮边的泪珠子擦掉,“你有没有想过什么才是适合自己的呢?你看你一退役参加高考就能考上,很多人也羡慕你啊。”




柳非沉默。




“过开心一点。比赛也好,上学也好,我都希望你过得开心。”




王杰希从未对柳非说过这么多话。




柳非不像戴妍琦那样黏肖时钦,也很少与王杰希安安静静坐下来说话,她敬他、崇拜他,也有些怕他,但她知道王杰希对她很好,不比任何人差。




她把王杰希说的话默默消化完,联想到刘小别他们对她依旧亲近的态度,不觉为自己死活钻牛角尖的行为害臊起来。




她不该躲的,他们曾经是队友,现在是朋友,不该躲朋友的。




柳非瘪了瘪嘴,抬手去揉眼睛:“知道了……”




8.




到ktv包房时刘小别已迫不及待把蛋糕摆出来点好了蜡烛。




柳非凑过去看,是一个精致的翻糖蛋糕,花团锦簇的,上面坐着一个小姑娘。




王杰希把大衣围巾放到沙发上,也走过去:“生日快乐,许个愿吧。”




“哎哎!那要唱歌吗?”




“不要!你唱歌难听死了!”柳非狂摇头。




“靠!小爷我还懒得唱呢!那,那你就许愿吧!多许几个,许咱们微草今年夺冠!”




“这个好!这个好!”袁柏清附和。




高英杰说:“生日能许三个吧,不过非姐不要说出来啊。”




柳非无奈:“我知道啦!”




她不是第一次和他们过生日,事实上在微草的时候,每年生日她都过得很热闹。




但她确实有三年没过生日了。




柳非吸了吸鼻子,看了一眼安静站在一边的王杰希,又看了一眼拿着刀叉准备切蛋糕的刘小别袁柏清和高英杰,终于还是充满仪式感的双手合十,闭上了眼。




第一个愿望:希望微草所有人都一切顺利,队长万事如意。




第二个愿望:微草拿冠军!




第三个愿望:祝我生日快乐,祝我,从今以后,都比今天更快乐一点。











老王带闺女系列完结啦!


这篇思考了很久 很抱歉给了柳非这样一个设定 但是我心里一个比较符合我想象的设定了 柳非在原著中出场不多 也没表现出特别的天赋 更像一个普通的女孩子 我写柳非  会害羞 会自我怀疑 遇到事情会躲起来 娇滴滴的小姑娘 因为想象中老王带的闺女肯定不会吃啥苦 性子养得娇滴滴的😂


第一次写老王是耳洞那一篇 其实也是半夜心血来潮 写完了觉得挺简略的 意外地收到了很多喜欢 开始疯狂涨粉😂 老王真的是流量担当了 后来慢慢写不冷 粗棒针 不准笑 等啊等 越写越喜欢王杰希 觉得他真的好苏好苏呀 连带着微草仨儿子也好喜欢  


这个系列挺日常的 就是想表现老王的苏力 但写多了也有些千篇一律 挺套路的 所以还是决定结束这个系列了  不管大家能不能接受这个终结篇 但我自己也算是写了想写的东西了


以后也会继续写老王的粮食向  因为他真的超迷人!


谢谢大家一直以来的支持和鼓励 让我们先在希锐相见吧!(我爱死这个无比少女的组合名了😂)






































Un texte un jour 20180116

Plein d'aigreur et de désespoir, Fénelon
--

Le peuple même (il faut tout dire), qui vous a tant aimé, qui a eu tant de confiance en vous, commence à perdre l'amitié, la confiance, et même le respect. Vos victoires et vos conquêtes ne le réjouissent plus ; il est plein d'aigreur et de désespoir. La sédition s'allume peu à peu de toutes parts. Ils croient que vous n'avez aucune pitié de leurs maux, que vous n'aimez que votre autorité et votre gloire. Si le roi, dit-on, avait un cœur de père pour son peuple, ne mettrait-il pas plutôt sa gloire à leur donner du pain, et à les faire respirer après tant de maux, qu'à garder quelques places de la frontière, qui causent la guerre ? Quelle réponse à cela, Sire ? Les émotions populaires, qui étaient inconnues depuis si longtemps, deviennent fréquentes. Paris même, si près de vous, n'en est pas exempt. Les magistrats sont contraints de tolérer l'insolence des mutins, et de faire couler sous main quelque monnaie pour les apaiser ; ainsi on paye ceux qu'il faudrait punir. Vous êtes réduit à la honteuse et déplorable extrémité, ou de laisser la sédition impunie et de l'accroître par cette impunité, ou de faire massacrer avec inhumanité des peuples que vous mettez au désespoir en leur arrachant, par vos impôts pour cette guerre, le pain qu'ils tâchent de gagner à la sueur de leurs visages.

2017年博物馆·特别展总结

1月
2月 京都文化博物館 『戦国時代展』
3月 江戸東京博物館
    『江戸と北京 18世紀の都市と暮らし』
     国立新美術館 『ミュシャ展』
4月
5月 奈良国立博物館
     『快慶 日本人を魅了した仏のかたち』
      京都文化博物館 『いつだって猫展』
6月
7月 奈良国立博物館
     『源信 地獄・極楽への扉』
8月 国立国際美術館
     『「バベルの塔」展
        16世紀ネーデルラントの至宝』
9月 San Diego Museum of Art
     『Refections on Monet』
     『Genre and Myth』etc.
10月 奈良県立美術館
       『没後40年 幻の画家 不染鉄』
11月 奈良国立博物館 『正倉院展』
12月 奈良県立美術館
       『ニッポンの写実 そっくりの魅力』
        平等院鳳翔館 『風はらむ仏』
        源氏物語ミュージアム
        『寿ぐ屏風絵』

看了看几乎一半都是被老师带去着去踢馆的(。
而被带去踢馆的一半都是佛像展(。
佛系少女是我本人了(。


今年的实习不晓得会再被带去多少展……

但希望私下能看比去年更多的展。

ラピスラズリ

ラピスラズリの名は、石を意味するlapisと青を意味するlazuwardに由来しています。

ラピスラズリに、あなたを的確に表す言葉は何だろうかと問いかけると、石の上に「変化を恐れぬ者」という文字が浮かび上がりました。

この石の内部世界は息をのむほどの整合性に富んでおり、一分の隙もない守護と真理で満たされています。
それはこの石が、「負」と言う定義自体を持ちあわせていないからであり、それらが入り込む余地すら用意していません。それゆえ強力な魔除け/守護パワーを持ち主にもたらしていきます。

誰しも程度の差こそあれ変化に対し一度は抵抗したことがあるのではないでしょうか。それは成功する姿と同時に失敗する事への恐れも描いてしまうためでしょう。ところがラピスラズリにはそういった恐れや抵抗の概念がないのです。変化しながら前進することを当然のこととしています。
まさに宇宙の法則の一つである「<万物は変化し続ける>という事だけが変化しない」を体現しているのです。
そのため余計な心配や邪心を育てず寄せつけず、あなたの願いを叶えるのにもってこいの師となるでしょう。

また宇宙と調和した自身の声に耳を傾ける力も促進されるので、ハイヤーセルフ(高次元の自己)との繋がりを強化し、優柔不断さも払拭されるはずです。そしてあなたにとっての本当の愛が何なのかも気付かせてくれることでしょう。
決断力を養う、運気を変える、良縁や幸運を招く石の代表として相応しいばかりです。

それでも成功すること(変化)に抵抗するのであれば、ラピスラズリは容赦なく抵抗原因をあなたに投げかけ、自覚するよう促すはずです。
広大な宇宙に放り出されたとしても、迷うことなく目指す道を見据えるクリアな展望と、ぶれない精神構造を私達に教えてくれます。そんなラピスラズリと共に前進するには不要なものは手放すしかありません。


「石のパワーポイント」
宇宙真理、守護、魔除け、開眼、集中、沈静、思考の整理、明晰、頂点、瞑想、前進、愛、惑わされない

ブラックダイアモンド(金剛石)

ダイヤモンドは炭素で構成されており、名前はギリシア語の adamas (征服できない)に由来しています。和名では金剛石(こんごうせき)と呼ばれ、実験結果が出ている中では最も硬いとされている天然石となります。この美しいブラックダイヤモンドは、ダイヤモンドの中に鉄鉱石やグラファイト等のインクルージョンが入り込むことにより黒色を帯びています。

ブラックダイヤモンドは、恐るべきパワーの塊です。
悪魔もこの石の力を欲しがるでしょう。そしてそのエネルギーに触れるならば、誰もが手放したくなくなるに違いありません。

ブラックダイヤモンドは、そのパワーを象徴するかのような黒い巨大なマントを広げ、行く先々であらゆるものを覆い尽くしていきます。
微かな笑みを浮かべ、それはもう有無を言わせず全てを吸いこむように征服していくのです。
失敗を打ち消し、問題を無きものにし、苦しみを奪い去っていきます。
もしもあなたが望むのならば、きらめく愛の始まりでさえも「無」へと塗り替えてしまうでしょう。

彼らには全くもって欠落したものがありません。実のところエゴもないのです。
何者であろうと、何者と思われようとも気にしていませんし、そういった観点自体どうでもいいことなのです。その理由をこの石に問いかけたところで、「それが"私"であるとしか言いようがない」と返ってくるはずです。
この石に勝つことは誰にも叶わないでしょう。

また、ブラックダイヤモンドは何ものにも加担していません。永遠に誰の味方にも敵にもならない存在です。人は誰かの味方であったり、自分や大事な人を傷つける人を敵とみなしますが、この石はそこを完全に超越してしまっています。
全てのものを内在させながらも、完全なるバランスを極当たり前に保っているのです。

そして、その驚異的な強さのまま、必要とされている場所ならどこであろうとも出没していきます。
依頼人がどんな存在であろうと、この石は全くお構いなしです。
善人であろうと、悪人であろうと、その両方であろうとなかろうと、ブラックダイヤモンドはそこに意義も意味も求めていません。
「私のパワーを使いたいのなら使いなさい、私は一向に構わない」と。

そんなブラックダイヤモンドは、私たちが日々求めてやまないエネルギーの全てを持っています。
ここで言うエネルギーとは全てを生み出し、全てを消滅させられるエネルギーのことです。
愛、欲望、喜び、悲しみ、成功、失敗、支配、服従、誕生、死…、私たちが思いつくもの、思いつかないものを含む、ありとあらゆる全てを内包しているエネルギーです。

私たちはエネルギーがなくては生きてはいけません。
自信に満ち溢れ、幸せを感じたりするのにもエネルギーが必要です。その力を求めて人々は互いにエネルギーの争奪戦を繰り返し、疲労困憊していっています。本来は宇宙の中心から得られるエネルギーを、隣人から得られるものと誤解をしているからです。
ですが、ひと度この石とめぐり会うならばパワーで満ち満ちることで、愛する人からエネルギーを奪う必要性が消え失せるでしょう。愛し合っているはずの人といつも言い争いになってしまうのなら、その権力争いを原因から消滅させてくれるに違いありません。

ブラックダイヤモンドは持ち主によって、その印象を変えないこともないでしょう。
ですが、もしもこの最強最大のパワーを悪として使うのならば注意が必要です。その行いは必ずあなた自身に返ってきてしまうからです。それもブラックダイヤモンド級の威力でもって。
この石は、あなたの愛の度数を計るのにもうってつけなのかもしれません。

「石のパワーポイント」
全、征服、吸収、覆う、パワー、全要素、エネルギー、自信、確信、革新、強靭、強大、宇宙、消滅、誕生、ブラックホール、闇、光、ベール、超越

ダイアモンド

ダイヤモンド(クリア)は、天国も地獄も同じ場所かのように存在できる石です。

この石にとって、どこにいるかは全くもって問題ではありません。
影響を与えようと、手を尽くしたとしても、変化を起こすことは不可能でしょう。
その圧倒的ともいえる微動だにしない強さは、自身が完全体であることを指し示しています。

ダイヤモンド(クリア)は、何ものにも執着していません。
それと同時に、何も欲してもいません。
すでに全てを内在させながら、それらを手放し自由にさせてしまっています。
「全」でありながら「無」であり、「無」でありながら「全」なのです。
あらゆる全てを超越しているエネルギーが、このダイヤモンド(クリア)の世界を生み出しています。

ラピスラズリの世界では、「ネガティブ」な要素が全くないことでの隙のなさで驚かされますが、ダイヤモンド(クリア)は、その「ネガティブ」な要素を「ポジティブ」な要素と同等に保ちながら、隙がない完璧たる世界を顕現させてしまっている驚きがあります。

正負の要素を同等に扱い、どちらかに傾くことは断じてありません。
バランスを崩し、そうなる瞬間が訪れようものなら、それはダイヤモンド(クリア)がダイヤモンド(クリア)でなくなる時と言えるでしょう。

この石が放つ光は、全てを明らかにし、中にあるものを外に表出させ、外にあるものを中にも見つけ出します。
その輝きは更なる多くの光を集め、増幅していく性質も併せ持っています。
また、この光は強固なシールドとなって、あなたやあなたが望むものを守ってもくれることでしょう。
生涯守り通したい愛や絆があれば、それらを鋼の如く守り、無傷でいさせてくれるはずです。

何者にもダイヤモンド(クリア)のシールドを越える事は出来ません。
越えるただ一つの方法は、ダイヤモンド(クリア)と同じエネルギーレベルになることです。
そうであれば通り抜ける事は叶いますが、それが出来る者はもはや誰かを傷つけようと意図を持つことはないでしょう。
突出した意図をもたない、それがダイヤモンド(クリア)の意識状態だからです。
それゆえ、この石に防御を依頼することは、永遠の守護を得たと考えて良いでしょう。

あなたがこの石を迎え入れる時、宇宙のバランスについて学ぶことが出来るでしょう。
過激で不要な願望は消え去り、無私の心へと導かれていくに違いありません。
一切のエゴから解き放たれ、全ては完璧で、何も操作する必要がないことを知るでしょう。
そして、今目の前に広がっている世界や人々に対し、素直に感謝し、愛をもっていけるはずです。

いつの日か宇宙の中心へと辿り着き、その愛を体験するならば、あなたはダイヤモンド(クリア)のことを思い出すかもしれません。


「石のパワーポイント」

完全体、愛、クリア、全、無、超越、悟り、覚醒、光、強靭、強固、鉄壁、保護シールド、不動、無傷

グリーンジェイド

この深緑色の美しい翡翠(ひすい)は、「笑みをたたえた聖人」であり、一生かけてでも教えを請いたい師です。

全ての者の信頼に応えるグリーン翡翠は、あなたにとって最も大切な人に贈るに相応しい石です。愛情であれ友情であれビジネスであれ、永遠の誓いと共にあるべき石と言っても言い過ぎではないはずです。
人が人としてあるべき尊き心を保持しています。たとえ誰かがあざむくために訪れて来たとしても、こころよく家へ招き入れ、その者が帰る頃には意図せず一番の信奉者にさせてしまうだけの仁徳さと高潔さがあります。

多くは語りませんが、それは無駄なことが頭をよぎらないだけであり、いつでも伴侶や周囲に対して慈しみの姿勢をもっています。また協力は惜しみませんが、周囲に流されることはありません。自分のすべきことに専念し、静かに信念を貫き通します。その姿に人々は感銘を受けていくことでしょう。そうしてグリーン翡翠と共に過ごす事により、あなたは生ける手本となって人々に多くの天啓と指針を与えていけるでしょう。

グリーン翡翠という聖人の目を覗きこんでしまったら、その瞬間からあなたはそれまでのあなたではいられなくなるでしょう。あなたの中の「聖人」が目覚めるのを最初に目撃するのは、このグリーン翡翠かもしれません。

「石のパワーポイント」
仁徳、信頼、清廉潔白、友愛、高潔、敬い、道徳心、寛容、絆、明白、礼節

ルチルクォーツ

ルチルクォーツは、クォーツの中に針状物質がインクルージョン(内包)されたものを指します。
ルチルクォーツを手に握ると身体中のエネルギー経路の滞りが吹き飛ばされ、充分な光のよみがえりを感じることでしょう。まるで身体中に雷のようなエネルギーがめぐるようです。
エネルギーがめぐる時には充電してくれるだけではなく、不要なエネルギーを排除する働きもあり、疲れているときにも元気な時にも有効ですし、他人のエネルギーが付着しないような保護作用もあります。

私達を肉体レベルとしっかりと結びつけ、リアリティをも高めてくれます。また本番強さや勝負強さをもたらす働きをもっているため、この石とともに大舞台に立てば、あなたは正気を失うことなく最後までやり通すことが出来るでしょう。
そうしてこの石と同調したあなたは、どこへ行こうとも自分を信頼しながら行動していきます。人見知りや物怖じするといった態度はあなたの中には存在しません。いつでも自分らしくいられ、力ある眼差しと言葉で伝達し、その堂々とした態度だけでも周囲は惹きつけられ説得力を発揮できるはずです。
直感も増していき、それをすぐさま実行へ移すことも容易にします。行く先々の土地のエネルギーを瞬時に把握し、自分と相性が良いか判断します。あなたから発せられるエネルギーは価値あるものを次々と引き寄せていく事でしょう。

「石のパワーポイント」
充電、活力、気力、目的達成、本番強さ、勝負強さ、実感、財産、大地

イエローダイアモンド

イエローダイヤモンドは、富や権力、名声や地位を手にしながらも依存せず、それらを遥かに上回る神々しい存在です。

富や権力を握っているとは言っても、この石に世俗的な欲望はありません。
「気が付けば私の椅子には“王の座”と書かれており、付随するそれらがあった。」と、至ってそんな感じです。
その座を維持したいとも思っていませんし、それらが自分を表わす必要不可欠なものだとも思ってはいませんが、この石の凄まじい輝きがある限りは、どこへ行こうとも、不動の地位や永久的な繁栄が整ってしまうのです。

イエローダイヤモンドが城を出て、泥で出来た椅子に座れば、それを見た民が「それこそが王の椅子だ!」と叫び、周りが勝手に金箔を貼っていってしまうようなものです。
この石にとっては、自分の座る椅子がどこにあろうと、どんなもので出来ていようと意に介さないのですが、それこそが外部に振り回されず、むしろ世界の方を自分仕様に変えてしまうパワーとなっているところがあります。

この石は、悠々堂々と自信を持ち、そのハートを閉じることなく立っています。
「オープンでハートフル」な方向ではなく、自分の内を閉じる必要がないくらい、ただただ強いだけです。
何も恐れず、自分の上や前に何かを置いたりはしません。
敵や味方と言った視点も持たず、はじめから徒党を組むことなく、一人で成り立っています。
誰が来ようと、何が起きようと、この石が震えることは決してあり得ないのです。

イエローダイヤモンドは黄金の光を発し、現れれば誰もが気付いて畏敬の念を抱いていくのですが、この石は何に対しても態度を変えず、周囲が自分をどう見ているかなど考えることはありません。

ある者が憧れと尊敬の視線を送れば、この石は「何かありましたか?」とゆっくり顔を近づけていきます。
ですが、「あなたのような方が私の声など聞いて、耳を汚してしまってはいけません!」と、みんな遠慮し、後ずさりしてしまうのです。
この石自体は周囲の声に耳を傾けるつもりではあっても、周りが委縮してしまい、迷惑をかけないようにと口を閉ざしてしまうのですから、「?そうですか?」と首をかしげる外ないのです。

この石の輝けるエネルギーが注がれれば、どこへ行こうともあなたの存在価値を高める環境が生み出されていくことでしょう。

ふと思いついたアイデアや希望が楽に実現出来るようになったり、周りの助けや後押しで、夢が進展したりすることもあるはずです。
大きな流れやタイミングにも恵まれ、物事がスムーズに動いていく喜びも味わえるに違いありません。

不動でありながらも、向上し続けていくパワーを浴び、内外共に大いに豊かな人生を歩んでいけることでしょう。


「石のパワーポイント」

自信、神々しさ、富、権力、地位、名声、力、王者、風格、完全、無敗、無傷、不動、無欲、存在感、強靭、鋼鉄、輝き、光、平然、悠々堂々、大きい


【イエローお兄さま(´༎ຶོρ༎ຶོ`)】